栃木県 遺品整理 アシスト

文字サイズ

遺品整理・生前整理・ゴミ回収・不動産売買の事ならアシストへ栃木県 遺品整理 アシストGK

サービス名

経験豊富なスタッフ

詳細をみる

サービス名

真心を込めたサービス

詳細をみる

サービス名

適切なプランをご提案

詳細をみる

更新情報・お知らせWhat's New

2022/07/03
記録的な梅雨空けの発表と同時に厳しい猛暑にみまわれています。 意外と知られていませんが、熱中症は気温が高いときにだけ起きるものではありません! 熱中症になるかどうかは、その時の体調や暑さに対する慣れも深く影響しているのです。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い、風が弱い、また、体が暑さに慣れていないときは十分な注意が必要です。 NEW
2022/06/03
「片づけられない人」は昔からいましたが、その存在が顕在化し、驚くべき勢いで急増し、内容もどんどんエスカレートしているというのが昨今の状況です。 「そのうち片づけよう」と言いながら年を取り、片づける体力やモチベーション、判断力や遂行力も低下して、人生の後半をモノに煩わされながら余生を送る方が年々増え続けていると言われています。 中年以降、モノを片づけられない人に多く見られるのが「定年後うつ」など、片づける気力が低下するのに加え、不安から目をそらし、心のすき間を埋めるために買い物依存に陥るタイプの方の中には、人生の目標を見失いセルフネグレクト(自己放任)状態から、「ゴミ屋敷」や「汚部屋」にしてしまう方も少なくありません。
2022/05/03
自治体により粗大ゴミの出し方は様々ですが「事前申込み」「有料のシール」「指定日」などのルールが定められてとにかく面倒…… そのため、粗大ゴミの処分は先延ばしにしてしまうことも多いのではないでしょうか。 そこで気軽に出来るゴミ処分から始めてみてはいかかがでしょう。 その1:フリマアプリで長期間売れないもの。 その2:ちょっと触りたくないレベルの布巾・雑巾。 その3:年季の入ったスリッパや靴下。 比較的小さなゴミ処分から始めると気持ちも楽ですので、「適当」な気分で始めましょう。
2022/04/03
食品には寿命があり、冷蔵庫・冷凍庫に入れたら「安心」ではありません。冷蔵庫の中にも細菌は存在するからです。これから食中毒が多発する季節になります。冷蔵庫は「一時預かり所」でしかありません。未開封で消費(賞味)期限が記載されているもの以外は、においや変色に注意し、1カ月を目安に食べきる事をお勧めします。
2022/03/03
思い出を手軽に残せるとあって、日頃からよく使用するスマホのカメラ機能。気の向くままに撮影していると、あっという間にデータがパンパンにということはありませんか? クラウドや自動バックアップなどの便利なサービスはありますが、膨大なデータを見返すことはほとんどありません。 そこで残したい写真を、毎月決まった数だけ写真データを印刷し、それ以外は削除。数に縛りを設けることで、10枚なら10枚、自然とその月のベストショットを厳選する形となります。いっぱいだったカメラロールを整理したい方にお勧めです。
2022/02/03
春は気温の変化に伴う体温調節や、新しい環境での心の疲労など、変化に順応することができず、心身共にストレスがたまり、自律神経も乱れがちになってしまいます。 過剰なストレスは心身の健康に悪影響を及ぼしかねません。気づかぬうちに、ストレスが強くなっていることもありますので注意が必要です。
2022/01/03
2022年明けましておめでとうございます。長引くコロナ禍で今年も断捨離ブームが続きそうですが、初心者ほど、広いリビングなどから断捨離を始めようとするのですが、それはおすすめしません。なぜなら、そこには自分が思っている以上の物たち、つまり、手に負えない量の物があるからです。断捨離は、中の物を全部出しても影響の少ない小さな空間から始めましょう。 ①まずは「いる」「いらない」「保留」の3つの箱を用意します。
②少しでも迷ったら「保留」でOK!ストレスを感じないことが大切です。
③1個でも捨てられたら合格!
④ムリして15分以上やらない。
⑤日を空けて、同じ空間の断捨離を繰り返しましょう。
2021/12/03
捨てたら失うは大きな勘違い 「断捨離3つの心得」
その① 何のために捨てるか目的を見失わないで。
その② どの選択をしてもメリット・デメリットは必ずある。
その③ 捨てたら失うは大きな勘違い。
2021/11/03
■断捨離が出来ない10の理由 今回は、断捨離が出来ない10の理由をご紹介します。 「あまりにものが多すぎて挫折した。」 「捨てて後悔したことがある。」 「もったいないという思いが強い。」 「いただきものは捨てづらく、そのままになってしまっている。」 「片づけながら写真など出てくると、思い出がよみがえり、懐かしんでいたら時間が過ぎていった。」 「心配性であまり多く減らすことに不安を感じてしまう。」 「粗大ごみレベルの大物は捨てるのに勇気が要る。」 「捨てた後、その捨てたものの代用品や似たようなものを買っていた。」 「ものを減らして収納スペースができるとまた新たに買ってしまう。」 「捨てても部屋をキレイにキープすることができないので、いつの間にかまたごっちゃり。」 1つでも思い当たる方は、「一日一捨」を目標に少しずつ不要なものを減らしていくことで、いつもすっきり片づいた理想のお部屋に近づけるはずです。
2021/10/03
(定年後に夫婦不和が生じやすい理由とは?) 厚生労働省の人口動態統計によると60歳以上の離婚は、1980年と比較すると約4倍になっています。 熟年離婚の理由として「年を重ねると声が出にくくなる」が原因の一つとして上げられます。 声帯が衰えると、日常の会話が面倒になり家庭内での会話が減ります。 職場と違い、家庭内では会話をしなくても短期的には生活に大きな支障を感じませんが、会話が減ったまま日常生活を送ってしまい、長期的には夫婦関係の悪化を招いてしまうのです。

作業事例のご紹介

サービス名